大衆飯酒場 KULA KULA Dining

築100年を越える蔵で、素材にこだわり丁寧に作られた料理と、焼酎・果実酒を中心とした豊富なお酒でくつろぎの時間を。

日誌

◆本日のオススメ国産ワイン◆

◆本日のオススメ国産ワイン◆

★OKUNOTA ROSSO(赤)    650円
奥野田葡萄醸造 山梨県
甲州市収穫メルロ85% カベルネ・フラン15%
樽を経由せずにボトリング、柔らかいタンニン、
奥行きがある酸味と果実味が調和したナチュラルな味わい。

★OKUNOTA BIANCO(白)    650円
奥野田葡萄醸造 山梨県
山梨県収穫甲州種50% 自社農園収穫シャルドネ50%
樽を経由せずにボトリング、果実味豊かな味わいと
柑橘系を思わせる爽やかな苦味
フルーティーな酸味が調和したふくよかな味わい。

★がんこおやじの手造りわいん(赤) 750円 
仲村わいん工房 大阪府
葡萄の栽培は減農薬、農薬非使用、醸造も天然酵母による
自然な発酵による醸造です。
フレッシュな果実味が感じられ、
渋みはそれほど強くないですが、コクや奥行きがある味わい。

◆最近品質が上がってきた国産ワイン
日本の風土はワイン造りに適さないと言われていましたが、
生産者の絶え間ない努力で世界のコンクールでも賞をとるようになりました。
生産者の熱い想いがいっぱい詰まった国産ワイン
売り切りでございますが、日本各地のワインを入荷予定ですので気になった方は是非お飲みくださいませ。

本日1月5日から営業開始

明けましておめでとうございます。
KULAKULADiningは、本日1月5日から通常営業が始まります。
去年に引き続き、皆様から愛され想い出に残るように、
おもてなしの気持ちを忘れずに精進してまいります。
今年も宜しくお願い申し上げます。

また、1月21日は誠に勝手ながらKULAKULADiningと
姉妹店のhanasakuはお休みとさせて頂きます。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を頂けますようお願い申し上げます。


12/25 本日のオススメ

◆本日のオススメ◆
 
◆田酒 純米大吟醸 斗壜取    1500円
 青森県 株式会社西田酒造 
 使用米 麹米、掛米共に山田錦40%精米
 使用酵母 協会9号
 日本酒度 +2
 酸度   1.3
 上品なまろやかさ、厚みがありながら淡麗でキレがあり
 吟醸香がいいお酒です。

 
◆獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 1500円
 使用米 山田錦 精米歩合 23%
 日本酒度 +4
 酸度   1.1
 磨き抜かれた透明度の高さとお花のような甘い香りが
 印象的ないいお酒です。
 
◆年末のご予約状況
 12/27、12/28、12/29、12/30の日程は
 まだお席に余裕がございます。
 スタッフ一同心よりご来店をお待ちしております


 

2015 クリスマス限定コース (2名様)

2015.12.23-24-25 クリスマスメニュー
KULAKULADiningではクリスマス限定、2名様のコースをご用意しました。
去年もご好評頂いていたクリスマスコース
今年も12/23 12/24 12/25の3日間限定で承らせて頂きます。

◆X’mas special dinner ¥9000外税◆
      (2名様 ハーフボトル付のご料金です)

お料理の内容は以下となります!!
・前菜3種盛り合わせ
・彩り野菜のごろっとサラダ
・天使の海老とアボガドの豆乳グラタン
・たっぷり旬野菜と厚切り鴨のロースト 2種のソースで
・ホワイトボロネーゼ
・デザート3種盛り合わせ

ご予約・お問い合わせなど、お電話でお待ちしております。
みなとみらい、桜木町、野毛でお過ごしの予定の方は、ぜひご利用下さいませ!!
KULA KULA Dining
045−341−4505


2015年、年末の営業

年末年始の営業についてのお知らせです!!
-----------------------------------------------------------------------
12/1()12/30() 通常営業
12/31()1/4()  お休み
1/5()〜通常営業スタート
-----------------------------------------------------------------------
 
KULAKULADining12/31から1/4までがお休みとなります。
12月のお席の状況は
12/11()は二階席が貸切の為、ご案内が可能なお時間は21時過ぎを予定しています。
12/16()は二階席ご予約で満席、カウンターは空いております。
12/18()は二階席が貸切の為、ご案内が可能なお時間は2130過ぎを予定しております。
     カウンター席は空いております。
12/19()はお席残り僅かです。
12/21()はお席残り僅かです。
12/22()はお席残り僅かです。
12/26()はお席残り僅かです。
他の日程は余裕がございますのでご連絡をお待ちしております。
 
忘年会のご予約
ご来店の計画や忘年会をお考えでしたら、是非お電話でのご予約をお願いいたします。
 
◆一番人気のコース◆
飲み放題2.5時間と充実のお食事11
4978【税込】
 
------お食事の内容-------
◆前菜3種盛り
(炙りマグロとアボガドのカルパッチョ/天使の海老春巻き包み揚げ/枝豆の漬物)
◆彩り野菜のゴロッとサラダ
◆奥の都鳥ももの唐揚げ
◆季節野菜のお料理
◆変わり串盛り合わせ(2種)
◆やまゆりぽーくのロース味噌漬け焼き
◆マグロほほ肉 黒胡椒焼き
◆鶏だし 稲庭うどん 
◆本日のデザート
12名様以上の場合、コース内容を変更させて頂く場合がございます。
 
他にも、従来から人気の宴会コース【¥3974 お食事7品】もご用意がございますのでお問い合わせ下さいませ。詳細は下記に載っております。
http://kulakula.info/partyPlan.html
KULA KULA Dining     0453414505
 
 

10月のグランドメニューと本日のオススメ

10月からグランドメニューに入った3品と
オススメの食事メニューです。

◆やわらか牛ミスジステーキ  ¥1680
 希少部位のミスジを贅沢にどうぞ...
 柚子ソースや、わさびとの相性ばっちりです。

 

◆梅ポテトサラダ       ¥680
 オススメでお出ししていた食事メニューです。
 すごく人気があり、グランドメニュー入りしました。
 ベーコン、クリームチーズ、梅の組み合わせが絶妙
 マヨネーズは使っていません
 さっぱりとコクのある料理はどのお酒にも合います。

◆天使の海老 炭火焼     ¥780
 旨味成分が車エビより豊富な天使の海老
 殻もやわらかく全て召し上がれます。
 海老好きの方は是非

◎本日のオススメ◎

◆秋刀魚の梅煮◆       ¥780
 秋の旬の秋刀魚を食べやすく梅と一緒に炊きました。
 日本酒との組み合わせがすごくいいです。

本日も元気に営業しております。
お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。


5周年の挨拶

10月1日でKULA KULA Diningは5周年,
                 hanasakuは1周年を迎える事が出来ました。

オープン当初は3人でしたが今は両店合わせて社員が9人になりました。
本当にこの場所がなかったら今働いているスタッフや社員にも出会わなかったですし、
年を重ねるごとに思い入れが大きくなり、
本当に大切な場所になっています。
ありがとうございます。

これからも多くのお客様やスタッフの思い出に残る場所に出来たらなと思っています。
この場所を色々な形で支えて下さっている方,
お客様やスタッフに感謝の気持ちを忘れず、
改めて精進していきたいと思います。
これからも宜しくお願いします。

また周年のお祝いやお花など送って頂き
本当にありがとうございました。

店長 小谷 啓介





 

本日のオススメは渡邉酒造場の焼酎

今週末に宮崎県の渡邉酒造場と鹿児島の国分酒造に見学に行ってきます。
焼酎の蔵には見学に行った事がないので色々興味があり楽しみにしております。
そこで渡邉酒造場の焼酎を仕入れてみました。
同じ蔵の焼酎を飲み比べて、驚きました。
特に白麹と黒麹の違い、香りに味わいの違い、芯は似ているのですが本当に面白い、
また大古酒の深みと飲みやすさは別格です。
興味がございましたら、是非飲みにいらしてくださいね。

◆白麹旭萬年◆ ¥580
 原料  黄金千貫、国産米
 アルコール度数 25度
★白麹ならではの、ふくよかな甘みとコク。ボディがありながら もじっくりと腰を落ち着けて飲める酒

◆黒麹旭萬年◆ ¥580
 原料  黄金千貫、国産米
 アルコール度数 25度
★黒麹が醸す骨太なボディ、深く香ばしい余韻。
 一般的に飲みやすいタイプが多いという宮崎県内でもその濃さ は珍しいです。

◆旭万年星◆ ¥580
 原料  愛媛県産マンネンボシ全量使用
 アルコール度数 25度
★初代壽賀市の出身地、愛媛県産のはだか麦(マンネンボシ)を全量 使用。
 故郷の麦で造りたいという初代の想いを形にしました。
 はだか麦が醸すさらに深い風味が溢れます。

◆旭萬年大古酒、500本限定◆ ¥1000
 原料  自家栽培 黄金千貫 白麹
 アルコール度数 25度
★この大古酒は三代目渡邊友美が二代目一男の指導のもとで仕込み
 昭和57年に杜氏として初めて国税局酒類鑑評会で優等賞を受賞した記念のお酒です。
 原酒を33年にわたる長い時間をかけてじっくりと熟成した古酒で
 人工的には生み出せない香りや甘み、深みのある芳醇なお酒です。
 時が磨いた味わいをぜひ堪能してください。


◆桜木町駅100周年◆

◆桜木町駅100周年◆

桜木町駅・二代目横浜駅の歴史

日本で最初の鉄道は、新橋〜横浜間1872 1014日に開業しましたが、

その後「横浜駅」は 2 回移動し、現在の横浜駅は三代目の場所にあたります。

「新橋〜横浜間」が開業後、東海道線は国府津まで延伸しましたが、

横浜駅でスイッチバック【折り返し地点】が必要で、これを解消するため、

「二代目横浜駅」が現在の高島町交差点付近に移設され

「横浜駅」は「桜木町駅」と改称し新たなスタートを切ったのが1915815

 

二代目横浜駅から名前を変え今の桜木町駅になり今日で100周年の記念日です。

これを記念し桜木町、横浜みなとみらいエリアでは様々なイベントが催されています。

お店の周りでチンドン屋がチンドンしていたり、浴衣姿の方をちらほらと見かけます。

桜木町周辺がにぎやかになっていますので町を散策してみてはいかがでしょうか?

ちょっと疲れたら、築130年の蔵を増築したKulaKulaDiningで一杯ひっかけてみてはいかがでしょうか?
ご来店を心よりお待ちしております。

 

 


白州蒸留所見学に行ってきました。

山梨のサントリー白州蒸留所に見学に行ってきました。
白州蒸留所はサントリーのシングルモルトウイスキーの【白州】を造っている蒸留所で、他にも白州の仕込み水でもある
【南アルプスの天然水】の製造も行っています。

今回はサントリーの中溝様にご招待を頂きオーナーの齋藤と私で伺ってきました。
白州蒸留所の歴史、その土地の風土、ウイスキーの製造工程と樽の種類など学ばせて頂きました。
お店で扱っている白州シングルモルトをより多くの人に味わって頂きたいのと同時に、生産工程や工場の方のお話を聞かせて頂いた経験などをお客様に届けていきたいと思っております。

◆工場見学◆
原料のピート【泥炭】と二条大麦の写真

モルトウイスキーの原料は水、大麦。
まず厳選した二条大麦を発芽、乾燥させ麦芽にしピートで燻すことでウイスキーの独特の香りを生み出します。
その麦芽を細かく砕き、仕込水とともに仕込槽へ、この麦芽を細かく粉砕するのにも割合が大切で
白州では、皮が2、実が7、粉が1の割合が一番麦汁を作るコツらしいです。


この写真は仕込槽

この中では麦芽と仕込水【南アルプスの天然水】が入っていて、中では麦芽中の酵素の働きで、デンプンが糖に分解され、
ゆっくりと麦汁を作っています。この仕込槽付近では甘い香りとビールみたいな匂いが漂っていました。
この麦汁をゆっくりと濾過して木桶発酵槽に移します。

この写真は木桶発酵槽と真ん中の棒はクルクルと回り泡を壊す装置

濾過した麦汁を発酵槽に移し、酵母を加えます。
ここで酵母は、麦汁の糖を分解してアルコールと炭酸ガスに変え、ウイスキー特有の香味成分を作りだします。
この工程で出来上がった発酵液を【もろみ】と呼び、その特徴は酵母の種類、発酵条件などにより異なります。
数多くの酵母から目指すべきウイスキーの香味にふさわしい酵母選びや、蒸留所内に棲みつく乳酸菌などの働きによって白州ならではの独特の風味を生み出しているそうです。

見学中に中をのぞかせて頂きましたがブツブツと炭酸ガスが発生し独特の強いにおいが印象に残っています。
直接匂いを嗅ぐと酸欠で中に落ちてしまうらしいです。危険ですのでその発酵槽の上部を手で仰ぎながら匂いをかがせて頂きました。
炭酸ガスを出すときに出る泡を棒が回り破壊し、あふれるのを防いでくれているのも見ることができ驚きました。


この写真は蒸留釜【ポットスチル】 ストレートやランタン型など大きさ形も様々 

発酵によって生まれたもろみを【ポットスチル】と呼ばれる蒸留釜を用いて2度蒸留して
アルコール濃度の高いニューポット[蒸留されたばかりの無色透明なモルトウイスキー]を生み出します。
ただ蒸留するのではなく、アルコール度数が70%程に落ち着いたところで樽に詰めているそうです。

この段階でウイスキーの香味の骨格が出来上がります。
サントリーでは、大きさや形状の異なる蒸留釜を使い分けることにより、多彩な味わいのウイスキーの原酒を生み出しています。タイプの異なる様々な蒸留釜を取り入れている蒸留所は、世界でも極めて稀な蒸留所です。



この写真は熟成中の樽

そして最後は熟成です。実際に貯蔵庫を見せて頂きました。

貯蔵庫の大きさや整然と並ぶ樽の数、天井まで重ねられた樽、本当に圧巻でした。
またウイスキーの匂いが倉庫内に充満しており子供なら30分ほどで酔っぱらってしまうそうです。
私はこの匂いで気分がよくなりましたが。

ここでも個性豊かな原酒を造るため、色々な種類の樽が使われています。
オーク材や日本が誇る北海道産ミズナラ材、シェリー樽などなど、材料だけでなく樽の大きさもいくつか使い分け様々な原酒を造っています。
ちなみにウイスキーの樽の寿命は60年〜80年、その樽をよみがえらせるのが『リチャー』です。
この作業をすることで再び美味しいウイスキーを熟成させることが出来ます。

また、使い終わった樽材は工場内のフローリング材などに加工し再利用しているそうです。
下の写真の中央のフローリングは樽の再生材です。


ウイスキーは長年、樽で熟成している間に少しずつ蒸発【毎年3%前後】していくのですが、その減った分のウイスキーのことを
天使の分け前と呼びます、白州蒸留所では年間数万樽も天使に飲まれてしまっているのはもったいない話ですが
天使に分け前を渡すことでウイスキー独特の味わいと香りが生まれているんだなと天使に感謝しました。

天使の分け前以外にも、南アルプスの山岳地帯にある白州は、山崎蒸留所よりもかなり涼しく湿度も低い為それだけ熟成に長い時間がかかります。
その自然環境が白州のウイスキーを象徴する涼しげなハーブ香とフレッシュさを育てているのだと感じました。

◆ブレンド◆
樽で熟成された数多くの原酒はブレンダーの手に渡り原酒の熟成状況を確認し、製品の特長にあったものを厳選し、
配合までを決定して行きます。
多い時には1日200〜300種類にも及ぶテイスティングを通して、樽ごとの原酒のピークを見極めながら、どのタイミングでどの原酒を使うかを判断してウイスキーを造っています。
また将来に必要な原酒を想像しながら貯蔵管理を行うのもブレンダーの仕事です。
仕込からブレンド、貯蔵管理から製品化までに長い年月を費やすウイスキー造りは、
奥が深く驚きの連続でした。
今だけではなく将来の事を考えウイスキーを造っていることなど想像もしていなかったので本当に勉強になりましたし
なぜヴィンテージウイスキーが高価なのかも今回見学させて頂き納得しました。

白州を飲んだことのない方やウイスキーが苦手な方にもっとウイスキーの美味しさを伝えたく
KULA KULA Diningでは、白州オリジナルカクテルをご用意しております。
白州モヒート、森薫ハイボール、白州ももの恵み、白州りんごの恵みなどなど、

飲みやすくしただけではなく、白州の香りやフレッシュな味を壊さず
ウイスキーの新しい飲み方として上記のメニューが出来ました。
苦手な方や飲んだことがなかった人に飲んで頂けたら嬉しく思います。

またウイスキーは一杯あたりのカロリーが他のお酒と比べると一番カロリーが少ないお酒です。
ってのも驚きですがポリフェノールも含まれています。
ワインだけではなくウイスキーにも含まれているんです。
美容や健康にもウイスキーはいいのも驚きました。



今回、白州蒸留所の見学にご協力頂いた
サントリー酒類株式会社の中溝様、株式会社横濱屋の鈴木様、白州蒸留所の方々、貴重な機会を頂き本当にありがとうございました。


 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Entries

Categories

Archives

Comments

  • 今日は夏至、そして明日は貸切営業が入ってます
    kulakula
  • 今日は夏至、そして明日は貸切営業が入ってます
    mammy

Links

Profile

Search

Others

Mobile

qrcode