大衆飯酒場 KULA KULA Dining

築100年を越える蔵で、素材にこだわり丁寧に作られた料理と、焼酎・果実酒を中心とした豊富なお酒でくつろぎの時間を。

日誌

3月8日でリニューアルしてから一年経ちました。

お陰様でリニューアルして一年が経ちました。

新しいスタッフにも恵まれて毎日忙しくさせて頂いています。

忙しくさせて頂いてるのも、この場所をサポートしてくださってる方や足を運んで頂いた皆様一人一人のおかげでございます。

あっという間の一年で課題も山積みです。

一つ一つ課題を克服し一人でも多くのお客様に満足して笑顔で帰って頂けるように、

毎日精進していきたいと思います。

これからも宜しくお願いいたします。

店長 小谷啓介


 

〚はまれぽ〛で当店をご掲載頂きました。

横浜の気になる情報が満載のWebマガジン、『はまれぽ』様で当店を掲載して頂きました。

記事はこちらです↓
http://hamarepo.com/story.php?story_id=2717

当店が店を構える建物の歴史や、その場所でKULA KULA Diningができるまでの経緯などについて記事を書いてくれています。

ご興味のある方、ぜひご覧になってください。

 


本日のオススメ(2/28)

オススメの日本酒入荷しました。

竹鶴 純米 精米歩合70% ¥550 
優しいお米の香りに、旨みにキレ、バランスのいい日本酒です。





本日のオススメのお食事

◆焼ネギの和風マリネ     ¥380
◆菜の花のからし醤油和え   ¥580
◆焼そらまめ         ¥780
◆新玉葱のステーキ      ¥680

などなど、旬のお野菜を使ったお料理もございますので、
美味しいお酒と一緒に楽しんで頂けると幸いでございます。

スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。


 

本日(2/15)通常通りに営業しております。

本日も通常通りに営業しております。

引き続き道路が滑りやすくなっておりますので、お気をつけて下さいませ。

スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。
 

本日(2/14)、通常通りに営業しております。

本日(2/14)、通常通りに営業しております。

天気悪化により閉店時間が早まる可能性もございますので、
ご来店をお考えの方は、お電話にてお問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。

スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。
また、ご来店の際は足元大変滑りやすくなっておりますので、お気を付けて下さいませ。

 

本日(2/9)、通常通り営業しております!

昨日は悪天候の為お休みを頂いたKULA KULA Dining、
本日は通常通りに営業しております!!

ご来店をお待ちしております!


※店の入り口からの写真、昨日の状態が嘘のように桜木町前は人や車の往来があります!
 

2月8日の営業について

平成26年2月8日
お客様各位
臨時休業のお知らせ
本日、悪天候の為、誠に勝手ながら臨時休業とさせて頂きますのでお知らせいたします。
何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。
 

2/8(土)の営業は21時20分頃からとなります。

2/8(土)の営業は早い時間に貸切での営業があるため、通常営業は21時20分頃からを予定しております。

恐れ入りますが宜しくお願いいたします。

2月5日水曜日の営業について

2月5日水曜日は早い時間での貸切営業となります。

通常営業は22:20頃からを予定しております。
恐れ入りますが宜しくお願いいたします。

ご来店をお待ちしております。

宮城の新澤醸造店へ酒蔵見学に行ってきました。

先週、宮城県にある新澤醸造店に酒蔵見学に伺ってきました。

『実際にお酒を造っている生産者に会ってみたい。』

お店をはじめて、徐々にそうした想いが強くなっていく中で実現した今回の蔵見学。
こうした想いに至るまでの経緯を話すと長くなるので詳しくは割愛しますが、簡単に説明するなら、

お酒に限らず、食材も、必ず生産者がいて誰かがどこかで試行錯誤しながら造ってくれているんだよね。

ってことです。
当たり前の話といえば当たり前なんですが。。。

お客様にそうしたものを提供する身として、少しでもそうした現場を体感したい。
というのが思い立った最初のきっかけでした。

新澤醸造店さんの『伯楽星』は、酒屋さんからのオススメもあり、当店KULA KULA Diningが開店した時からお店で提供させてもらっているお酒。


やっぱり最初はこの蔵でしょ!!
とゆーことで、当店の店長ケイスケ君と伺ってまいりました!

当初、新澤醸造店は三本木町というところに蔵を構えていましたが、現在造りの部門は川崎町で行っています。
東日本大震災により三本木町の蔵は全損壊、その際に川崎町の蔵を買い取り、現在造りはそちらで行っています。

 蔵で撮らせて頂いた写真たちをババーっと。。。

こちらは山田錦の中でも兵庫県秋津産の特上。酒米にも大変なこだわりを持ってました。


精米機。少量での酒造りを可能にするべく微妙に高さなどを変えてあるそうです。
これ、実物は圧巻の大きさ!!


精米機で精米され、更にしっかりと洗浄された米。
透き通るような白さが素晴らしい!!


こちらは酒母室。


酒母室にて説明を受けるケイスケ君。
この場所は酵母を培養する日本酒造りの元になるとても大切な工程なんだそう。

すごく楽しそうだけど、真面目に話を聞かせてもらってます。


蒸米は温度の管理をしながら麹になっていきます。
東北のお酒がキレがありさっぱりしているのは麹造りの際の温度が関係しているんだとか。

この麹を食べると少し硬いんですが、暖かい地域だと柔らかくなるんだそうです。
硬い麹だと発酵が緩やかになり、糖度があがりにくい→キレやさっぱり感に繋がるみたいです。
(もちろん今の酒蔵は温度管理ができるので一概には言えませんが。。。)


タンクで発酵が続きます。
耳を近づけるとすごくシュワシュワと音が聞こえて、本当に生き物みたいでした。

確か0.1度まで温度管理ができるんだとか・・・


沢山のタンク。ここから伯楽星が生まれていきます。


日本酒を絞った後に出る酒粕。
さっきのタンクの中の量の4分の1近くが酒粕になるんだとか。


瓶詰され、並べられて出荷を待つお酒たち、温度管理も徹底しており、独自に考案した積算日数を元に、大変細かい品質管理をしています。
これだけ高く積んでおけるのは現在の川崎蔵の地盤の強さのおかげなんだそうです。


お話を一通り伺って外に出ると外はすっかり暗くなってました。
こちらは蔵の入り口のシンボル、雪は今年は少なめのよう、ただ関東ではあまり体感しない『痛い』寒さでした。。。


新澤醸造店、新澤巖夫さんと一枚

新澤さんは新澤醸造店の5代目。
明治6年創業の蔵が廃業になるかならないかの時に、大学を出たばかりの新澤さんは先代を説得し、新たな酒造りに挑戦し、『伯楽星』は生まれました。(伯楽星自体はまだ完成して十数年の若いお酒なんです。)


今回、写真を撮り忘れたのですが、蔵に最初に着いた時にまずやらせて頂いたのは5種類の同じ日本酒・製造時期が違うものの飲み比べでした。

そして、昼食を挟んだ後に同じ日本酒をもう一度飲み比べさせて頂きました。

『究極の食中酒』を目指す伯楽星は、一杯目に飲むと香りの華やかな日本酒に比べるとインパクトが弱くなります。
ただ、食事をしながら、また食後に飲むと、その味の凄さに本当にびっくりします。

邪魔にならずに何杯でも飲めてしまいそうな味はまさに『究極の食中酒』なんだと、今回の蔵見学で改めて思い知らされました。

さらに蔵見学の後に仙台市街でお邪魔した『一心』という料理屋さんでも飲み比べをさせて頂きました。

ここで改めて驚いたのは新澤醸造店の方のお酒への情熱。
仕事の後に食事をする時などにも、伯楽星を置いている飲食店さんで日常的にこうした飲み比べを実施するんだとか。

で、数種類の宮城の地酒を飲み比べて、どのお酒がどこの蔵なのかを当てていきます。
これ、本当にすごいです。。。

曰く、『味覚は訓練』なんだそう。

製造から管理に至るまでの徹底した体制は、こうした酒造りへの情熱あってこそなんだなー、と思い知らされました。

伯楽星や宮城県が好きになる、とても充実した経験をさせて頂きました。
料理もとても美味しくてびっくりの連続でした。

今回のご縁を繋いでくれた掛田酒店様、新澤醸造店 新澤様・杉原様
お店にて伯楽星とおいしいお酒・食事を楽しませて頂いた一心様、折衷Bar シヅクトウヤ様

本当にありがとうございました。
 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entries

Categories

Archives

Comments

  • 今日は夏至、そして明日は貸切営業が入ってます
    kulakula
  • 今日は夏至、そして明日は貸切営業が入ってます
    mammy

Links

Profile

Search

Others

Mobile

qrcode